那珂川町のポータルを作り始めました。

栃木県那須郡那珂川町

まぁ、このOyamacityと何ら変わりありませんが、そのようなサイトが無かったので、一人、夜な夜な、

サイトの制作、始めました

那珂川町.NET

那珂川町は人口約15,000人、緩やかに過疎が進んでいる町といった印象でしょうか。このようなこともあり、町の地域の活性化の取り組みは盛んであると思います。小山の職場では、田舎の人ほど更に田舎を馬鹿にしたりするものだなぁ~・・・という印象でした。まぁ、そういう女性は少数派ではありますけどね。なんとなく「目くそ鼻くそを笑う」という言葉を思い出しちゃいましたw あ、それだと、どちらがどちらということになるので、この表現はよろしくなかったですねw 自分は都内の職場から小山にやって来て仕事で那珂川町を体験し、とても素晴らしいところだなと感じたことを覚えています。たまたまなのかもしれませんが、周りの人がいい人ばかりで、とても楽しいです。

実際、昨年末、JTB主催で那珂川町でのワーケーションツアーがありまして、参加された方は全員都内から来られた方ばかりだったわけですが、特に女性の方が那珂川町を気に入られた様子で、今年に入り、引っ越しを決めた方がいたようでした。

自虐となってしまうかもしれませんが、コロナウイルスが無かった、2018年頃、GWに那珂川町に行ったときのこと、人が誰もいなく、とても静かで快適だったのを覚えています。温泉郷を擁する町でありながら、この静けさは穴場中の穴場だ!と思いました。そして、今年の夏、やっと温泉旅館に宿泊したのですが、美人の湯を謳う理由が分かりました。泉質がとてもツルツルとして滑らかだったんですよね。温泉は貸切状態でした。

仕事で宿泊をしたため、写真を撮るのを忘れてしまったのですが、食事もとても美味しく、改めて那珂川を気に入りました。まぁ、自分の中の1番は、絶対的に城ヶ島です。未だに「泣くな、はらちゃん」が好きなもので。

那珂川町と言えば、

  • 関東屈指の一級河川「那珂川」
  • その那珂川に生息する天然鮎
  • 八溝杉(やみぞスギ)
  • 八溝山麓十宝霊場
  • 小砂焼き(コイサゴやき)
  • 馬頭温泉郷
  • 鷲子山上神社(宝くじの神様として有名らしい)
  • なかがわ水遊園(淡水魚水族館的な)
  • 御前岩(岩自体が女性器の形+水戸黄門様の逸話+安産祈願)
  • 広重美術館
  • いわむらかずお絵本の丘美術館
  • 温泉とらふぐ
  • 八溝蕎麦
  • 八溝ししまる(イノシシ)

こんな感じでしょうか。これでも一部だと思います。と言うのは少し北に行くと直ぐに大田原ですので、那須与一の郷があったり、紗栄子さんがいたりw あ、あと、大田原には「名馬ライスシャワー」あり!と書いておきましょう。

ライスシャワー、カッコ良すぎる・・・

今年も、毎年恒例の、鮎の掴み取りが夏に開催される予定でした。もしかしたら、コロナで 旅行などの行き場を失った人達がたくさん来るのでは?と思ったら(鮎の掴み取りの受付システムを自分が作ったのですが)案の定、ほぼ1日で完売したのです。小山市からも数名の方が応募して頂いていたようです。残念ながら中止にはなってしまったのですが。毎日のニュースを見て気付いておられる方もいると思いますが、コロナ感染が栃木県の中で圧倒的に少ないですよね。コロナの終息がなければ、旅行などの行き場を失った人達のベストな逃げ場所になりうる場所だなぁ~と思いました。

そして那珂川町は、立派な那須です。栃木県那須郡那珂川町ですからw
「もうひとつの那須」というキャッチフレーズを思いついたのですが、既に那須町芦野に取られてしまっているので、私が考えたキャッチフレーズは・・・例えば、上り、下りという表現で、都に行くことを上りといい、都から離れることを下ると言うと思うのですが、では、都から那須郡を見た時、那珂川町は、最初の方に位置するので、まぁ、烏山が一番最初かもしれませんが、「那須の先鋒」あるいは、烏山がいるので「那須の急先鋒・那珂川町」ってのはどうですかねぇ。。。もし、那珂川町が那須の最後の方にいる場合は、「那須の殿(しんがり)」にしただろうなぁ~と一人考えてみたりしてました。

地域おこし協力隊の横田くんが制作している那珂川町の物件紹介動画を貼っておきます。基本的に、別荘からの販売らしく、中のものは自分で処分してね!って感じの物件が多いみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ