USB充電器買いました

ノートPCを持ち歩く時、皆さんは電源アダプターは、どのようにされていますか? ノートPCに付属の電源アダプターを持ち歩いている方もいれば、USBケーブルと充電ソケットで済ませている方もいらっしゃるでしょう。出来るだけ荷物をコンパクトにしたい事から、私は後者です。しかし、専用のUSBケーブルじゃないと何らかの警告が表示され、充電に要する時間が専用のものに比べ多くかかる場合があります。

その他、よく判らないメーカーのUSBケーブルや電気関連のアイテムを使うのは、夏のAUKEY事件依頼抵抗があり、更にAmazonの評価欄などで、実際に様々なメーカーの焦げているケーブルの写真などを見てしまうと尚更神経質になったります。

しかし、日本製の有名メーカーのUSBケーブルなどは見かけたこともなく、どうしても海外製品になります。そして、結局の所、Made in chaina となってしまいます。あ~、本当に嫌だ。夏のAUKEY事件の因果関係は立証出来ませんが、今回の健康診断で肺は要精密検査となりました。

さて、今回、外出先での充電に選んだUSBケーブルは、USBケーブルではなく、超コンパクトなUSB Type-Cの電源ケーブルとなりました。一体型が嫌いな自分には珍しい買い物となりますが、とてもコンパクトで嵩張りません。これはいいものですね。きちんとPSE認証済みですし。

いざ、自分のPC「lenovo X390」に装着し、充電を開始したところ、画面がゆっくりと10回くらい点滅しました。「あー、やはり使えないのか・・・」と思ったところ、10回を過ぎたあたりで、点滅しなくなり通常の動作となりました。そして、充電しているマークになりました。あー、良かった。また返品か?と一瞬思いましたから。それも注意しなければならない事としては、繋げっぱなしは避けましょう。ということです。充電するわけですから、当然、結構熱を持ちます。A,Vはさておき、Wはというと、20wです。PCに付属のアダプターは、だいたい、45~60程度だと思いますので、それの三分の一ということになりますので、PC用としてはどうなんですけね。まぁ、充電出来てコンパクトであればそれでいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせ